これは私が体験した恋物語です。


読んでる途中、これは恋なの?

付き合ってるの?

と思うかも知れません。

だけど、私達2人には

確かに恋をして、恋人だと思っています。

最後まで読んでいただければ

光栄です。