永遠に繋がる萌黄色

作者上乃凛子

淡い黄緑色の桜の下で出逢った男性。
それは、全く知らない国のイケメン皇子でした。
いろんな出来事が起こる中で、いつの間にか私は皇子に恋をしていました。

神秘的で気品漂う淡い黄緑色の桜。


花が開いたときは緑色だが、次第に黄緑色から黄色、そして中心部から赤くなっていくという。


その桜の名前は『御衣黄(ぎょいこう)』 


名前の由来の『御衣』とは、昔の貴族の衣装のことを指しているらしい。


淡い緑色の花びらが、貴族の衣装である「萌黄色」をイメージさせることからそう名付けられたそうだ。


一見、花が咲いているようには見えないけれど、実際にその桜を目にすると、清楚で凛とした美しさに誰もが魅了されてしまう。


まるで魔法にかかったように。