猫被り?

ノンノン



仮面被りでございます





仮面の中には家族の愛情

仮面舞踏会には闇の叫び



囚われたのは、過去の過去









      「人には譲れないってものがあるんだよ」




「守りたいものを守って何が悪い」       




       「黙ってて、何がわかる」




「頼れるものがまだあるんだったら頼れば」       







こんなはずじゃなかった




ただ平穏に過ごしたかっただけなのに




私が飛び込んだ世界は、密かに仮面舞踏会マスカレードが行われていた












*未成年の喫煙、飲酒、無免許での運転は法律により禁止されています。このストーリーはそれらの行為を推奨するものではありません。


⁑このストーリーはフィクションです。実際の団体名、個人名、施設名等とは一切関係はありません。


⁂しおりをしてくださってる方、ありがとうございます。

 加筆修正の際、ページの縮小があることもあるので、ご了承下さい。

 すみません