素肌に蜜とジョウネツ【完】

作者睦月もえりーぬ

本業は老舗ホテル副業はラウンジで働く藤子は刺激の無さを感じる毎日。男女関係は身体の付き合いをダラダラ。そんな時に夜の店で感じのワルい男、薫に会うが実は彼はー…

  • コメント
  • しおり4,762


“もう、このまま一人 寂しく老いぼれていくのかもしれない”


 


 


もう23歳、まだ23歳?


 


まだまだ熟れたて果実のような お年頃なのに


 


枯渇寸前の私の身と心


 


そんな私の前に現れたのは


 



 


「最悪だな。俺が潤してやろうか?」


 


失礼極まりない俺様男


 


「何、本気にしてんの?」


 


「はい?」


 


「女は熟れたてよりも 完熟が好みなんだよ」


 


 


恋の種は 知らない内に蒔かれてます


 


 


*HP50万御礼小説*


大人ラブコメ


**他小説とリンクする箇所がありますが、 他小説を読まれていなくても 本編ストーリーの展開には 問題ないと思われます**