狂愛の果実

作者ぴすたちお

目が覚めると愛しい人が泣いていた。


こんなにも近いのに凄く遠い距離



この声はもう二度とあなたには届かない?


目が覚めると愛しい人が泣いていた






彼は私の名前を呼びながら○○○○○。












────今そちらに向かいます。













短編です。

考えついたのをただ書きたかっただけです。


低クオリティなどは毎度のこと



ほかもよろしくお願いします\(´°v°)/