ラムネ

作者犬甘

七海が幼い頃に恋をした相手は近所に住む次郎。優しいけれど、ときどきイジワル。そんな次郎が田舎を出てしまい、会えなくなった今も、縁側で思い出のラムネを飲んで……。




真夏に 焼き付いたキミ



どうか、



【俺/あたし】を 潤して。



.

*



渇いてる


キミがいないと


喉も 心も カラカラに――……。



▷2019.4.26