「空良」いろ

作者水華  雫

病弱なわたしは、ずっと病院の先生がすき。
笑顔が素敵な優しい、森 空良先生が。
わたしは、叶わない恋をしているのだ。

「愛美ちゃん、空って、どんなかわかる?」

わたしは、小さな頃から体が弱い。


何歳まで生きていられるのか、

自分がどんな病気なのか、

両親は教えてくれなかった。



太陽に当たるとひどく疲れてしまう体質らしく、

一回も外に出たことはない。

生まれてから13年間、

カーテンの閉め切った小さな病院の個室に住んでいた。


そんなわたしは、

病院の「森 空良」先生にずっと恋をしている。

先生は、笑顔が素敵な優しい人。

物心ついた時からずっと叶わない恋をしているのだ。



そんな先生は、ある日言った。


「愛美ちゃん、空って、どんなかわかる?」



f42a3a8aa20a