サイレント ボーダー

作者明葉 佑彩

私と彼のあいだには友達という明確な境界線がある。
「俺も一人の男なんだよ」
「頭ん中なんて下心しかないに決まってる。それとも俺のこと、試してんの?」
「信用しすぎなんじゃない」
なのに彼はそれを踏み越えてしまったんだ。