徒然小平ビーチ【完】

作者桐島衣都

防波堤の上をスカートを揺らしながら歩く。潮風も、熱い太陽も、青春全部があなたへの恋心だった。














当たり前のように海があって、それを美しいとは思わなかった。

だけど君があまりにも楽しそうだから。




この景色の中、無邪気に笑う君を美しいと感じた。

365日×16+29日目。




初めてこの冷たく暗い海を温かく感じたのだ。

私の人生にして一瞬、たった3日の短い逢瀬。

君は東京に帰ってしまった。















5519da6e85bf













暇を持て余した学生


生温い目で見てやってください