クラウン・ローチ【完】

作者桐島衣都

この罪の重さは私を永遠に責め立てるだろう。だけど『逃げろ』と叫んだ若の声が、私を追い詰める悪から何度でも救ってくれる…












私を腕に閉じ込める彼は


私に何も教えてくれない






ec0199add843






知らないことは罪だとして


教えないのは優しさ。



奪うのは美徳で


奪われるのは憤慨のみ。