花くれない【完】

作者雛菊

「俺に助けてって言え」 俺様なその人は、誰をも惹きつける"白い虎"だった。





街灯に照らされ 風に靡く

金の髪──




きっとあの瞬間から

私の時間は動きだしていたんだ











暗い道を迷いながら進む私を

──強く、導く光








「俺に助けてって言え。お前が言えば

何が何でも俺が助けてやる」