渦―UZU― Ⅰ【完】

作者tomaton

「家族になってやる。」海とひとつになる寸前。何も知らない私を拾ってくれたのは、黒を身に纏った男だった。

07eeda8e362d



「嗚呼、あなたを××しているわ。」






それは、海とひとつになる寸前。




「家族になってやる。」




私を拾ってくれたのは




黒を身に纏った男だった。






2019/9/27~10/26





しおり・ファン登録ありがとうございます。

励みになります!


レビュー感謝。

シルキー様





この作品はフィクションです。

登場する人物・団体は実在しません。

未成年の飲酒・喫煙は法律により禁じられています。

また、暴力行為を助長するものではありません。

拙い文章ですが、誹謗中傷はお止め下さい。