誰かの代わりでも傍にいたかった。夜に沈んだ臆病なふたりのダメダメだけどそれでも精一杯な恋の話。