温もりを抱きしめて【完】

作者雪菜

両親に決められた婚約者には、大事な彼女がいた。冷たい態度の彼に、愛なんて求めてなかったのに。触れた優しさに心動かされ、いつしか愛されたいと願ってしまった。



居場所さえあれば、どこでもよかった。


たとえそこに愛がなくたって、


私はそれでよかったのに。




触れてしまった優しさに、


胸が締めつけられて。


泣きたくなる程切ないこの感情が、


私の心を乱れさせた。




求めてはいけなかったのだ。


大事な人がいる、彼に。


所詮政略結婚の道具でしかない私が、


愛されたいなんて淡い願いを。






大財閥の御曹司

西園寺 要

KANAME SAIONJI



×



高級老舗旅館のお嬢様

藤島 伽耶

KAYA FUJISHIMA





愛を知らなかった彼女の切ない恋物語。




●大幅加筆修正行いました!

一度読んだことがある方も、是非もう一度読んでみてください!




にゃんぴーさん

素敵なレビューありがとうございます!



※未成年の飲酒は法律で禁止されています