ひとつ屋根の下 番外編

作者瑞原唯子

ひとつ屋根の下 単発番外編。サブキャラ視点。

ひとつ屋根の下 番外編


■かつて彼女と暮らした男

南野から渡された紙に記されていた住所と日時は、七海の結婚式のものだという。こっそりと見に行くように諭されて、拓海は——。


■こじらせ片思い

「はい、おみやげ」彼女に手渡されたそれは温泉まんじゅうだった。無難なものだが、好きなひとからもらえるのなら何だって嬉しい。それが新婚旅行のおみやげであったとしても——。


■忘れられないひと

「二回もキスした仲なのに、つれないな」同窓会で十年ぶりに再会した遥は、逃げようとした圭吾の手首を掴み、耳元で甘やかにささやいた。


■いつか来るそのときまでは

「あなたはこれからも遥の相手を務めてあげなさいな」性欲処理のためにつきあっているだなんて信じていないけれど、遥はいずれしかるべき家の令嬢と結婚するのだと言われて——。


■義理の兄の初恋

『遥のバカぁ、なんでこんなときに電話になんか……アッ』切り損ねた電話の向こうから聞こえてきたのは、遥と少女の生々しい音声だった。少女の声は、里子である七海のものによく似ていて――。