東の向日葵【完】

作者氷月 旭

企業の子息という身分。唯一の兄の駆け落ち。自分の未来に闇を感じた東は、軽い自暴自棄になっていた。そして、敷かれたレールを進むかのようなお見合い。その最中の偶然が、彼の運命を変える!
これは、『LAST GATE』の東と葵のプロローグ。言い換えるのならば、向日葵が東を向くまでの話。

君は覚えていないだろうけど、


僕は君に救われた。


向日葵がどうか、東を向いてくれますように。


※LAST GATEの東と葵の話。