路地裏の勇気

作者Ryu.

主人公が幼馴染みと始めた新しいゲーム。
それは《法律のない世界》
法律ないものがどれだけ残酷で悲惨か。
裏切り、裏切られ。
そうしなければもう、先はない───

生きてきた世界は平穏で、なにも怖いことなんて起きてこなかった。

 

事件にあるような人殺しなんか、僕の周りでは起きることもなく、退屈な世界を過ごしていた。

 

でもそんな世界が、たった一つの偉業で、みるみるうちに姿を変えてしまったら、僕は、どうすればよかったのだろうか。


 

もしあの時、流されはしないで、断っていたら、違うものがあったのか。

 

例えばガラケーから、スマホへ。世界はそれが爆発的に広まり、気づけばもう電車でも、外でも、更には家でさえも、スマホをいじる人を見かける機会が増えていった。

 

人気を積み上げてきたものに、あれほどの事件がつめこまれているなんて、知るすべもない。

 


 

どんなに考えても、もう遅い。血に飢えたこの世界に、抗うことなんてもう、一人では出来ないのだから。