永く青い季節

作者碧(Aoi )

お願い…その“期限”まで彼を私に下さい。貴方をずるい男にするつもりはなかったのに…ごめんね。運命の悪戯にすれ違いながら呆れるほど愛した。幾つもの季節を越えて…



お願い…

あと少しの間だけでいいから、彼を私に下さい。


必ず来る、その期限まででいいから…。



貴方はカウントダウンの期限を言わない。

私も聞かない。


貴方をずるい男にするつもりはなかったのに…

ごめんね…。




私は彼の首に腕を巻きつけ、胸に頭をこすりつける。

彼のスーツの冷たい生地の感触。

その深い深い紺色の海に、私は自ら溺れて行く…。




131e5775329e




彼の身体がしなるように空中に舞うと、ボールがゴールネットに吸い込まれ、そして床に叩きつけられるように落ちた。


真剣な表情だった彼は、目元と口元を少し緩め、襟足まで伸びた髪と首筋の間に左手を入れ、そこに空気を送り込むように無造作に揺らすと、また走り始めた。






藤元幸(フジモト コウ)

彼を知ったこの日から…


私、槙野美織(マキノ ミオリ)は、

呆れるくらい彼を愛した…



いくつもの季節を越えて…







【2017.8.28〜9.5】