黒雪中花

作者魅洛

平凡なOLの私が恋したのは隣の席の主任でした。私が彼の右側が好きな理由、この気持ちを手紙にしたためて。手紙形式で語られる短い冬の恋。
それは純愛か、狂愛か。


黒雪中花



またの名を“黒水仙”







雪の日


あなたは右手の手袋をなくしました。


私は恋を手に入れました。






美しく、儚く―――冷たい


まるで雪のような恋






あなたの手袋から蠱惑的で、どこかエキゾチックな香りが漂ってきたことに



私は気付かないふりをしました。







短い雪の夜のショートストーリー





◆『冬の恋』ピックアップありがとうございます◆