雨の日に会いましょう

作者魅洛

その人は必ず雨の日にやってくる。
雨とバニラとマーマレード、そしてスコッチの香りだけ残して帰っていく。
あの人の香りが忘れられない。






彼は雨の日に現れる。


名前も知らない彼。







不思議な香りだけを残して、


そして私と同じ銘柄のスコッチを嗜む彼。






――今日は雨が


降っていない。







バニラとマーマレードの香りは何かの予感。