笹竜胆の名を背負いて

作者光頼

源頼朝×北条政子の影武者の少し特殊な恋物語。


※史実に忠実ではありません。


例え貴方が敵だとしても



私は貴方に恋したことを後悔しない