月華Ⅰ

作者らて

「俺が拾ってやるよ。」私を救った貴方は、闇夜に浮かぶあの月のような人だった。

ずっと暗闇の中で生きてきた。





私の世界に色なんてなくて。

ただただ光を拒んで生きてきた。







────…俺が拾ってやるよ







私の世界に指した一筋の光。





太陽みたいな暑苦しい光じゃない。




まるで……───月光









その時から私の世界は



────────あなただけ。

 












「言え、幸せになりたいと。」