刺青。

作者るい

私の二年間の実話を小説にしました

なんでこうなったのかは、わからない


ただ君に出会えたことは幸せだったと思う。


この背中から右腕にかけての刺青は、一生消えない。


あなたとの思いでも今でも心のなか。


自傷。駿との出会い。暴力団。風俗。年少。高校進学。新たな出会い。


この二年間の事実をまとめた作品です