花魁忍者は恋泥棒 (完結)

作者1033

初めての恋が・・

「俺のそばにいてくれ」

こんなにも脆く・・

「俺は殺せるよ?愛してたからこそ・・」

崩れ落ちていく・・

淡い翼のように・・・

  • コメント
  • しおり3

冷えた夜道を歩いている途中、俺は見た。


屋根から屋根を軽く飛び移る花魁服を身にまとった女の子を・・。


その花魁は音も立てず屋根を走る。

まるで忍者みたいに・・。


消えた花魁忍者にだいた気持ち。


    また会いたい


一つ、キラリと光るものが見えた。


木から落ちた所を見てみると金色のかんざしがあった。

花魁忍者が飛び移る際に落としたのだろう。


俺はそれを手に取って握りしめた。