ファン
31

RIM

りむ

RIMです!

鬱から復帰してきました!



作品を読んでくださった方、感想もスタンプも全て見て燃料にしています、ありがとございます愛してます(*´˘`*)

休養中でも話作りのお勉強はしていたので、パワーアップして帰ってきたRIMさんの作品がお届けできたなら幸いだと思います(*´˘`*)ノ❣



理不尽への苦しみや傷付いた心にも癒しをお届け出来ますように

自分の経験知識をつかって、
深く…

『ユーサネイジア -安楽死-』完結しました~

ピッタリ一万字の作品書きました!!どや顔のRIMが失礼します。

タイトル、最初は英語表記にしようかな……と思っていたけど、私英語苦手で、タイトルが覚えられないよなぁと思ってカタカナになりました。
他の人の作品読んでても、英語のタイトルだと覚えてないんですよね……てへ。

タイトルの意味が最後にわかるような構成にしようかなぁ……なんて思ったんですが、それだとタイトル覚えられないよなぁ (自分がそうだし)と思って、タイトルに訳も入れました。



当初、一万字でコンテストに応募用で書こう~と思って書き始めたのですが、〆切日を見事に間違えて覚えていまして!!
やっちまったな!!!
後から別のコンテストに応募できるようにちょちょいと変更しました。



安楽死って意味のタイトルですが、最初は自殺から始まる物語として書き始めました。
自分がいなくなった世界というのを想像して、そしてアンドロイドに組み込まれるけれどまだ生きてはいるけど仮死状態で、それは自分の選択……つまり自殺だけれど、人の役に立ってから死にたいという気持ちが込められた自殺。

主人公が普通に生きていた頃の記憶はほとんど書いていませんが、苦しみから逃れたくて、この孤児育成プログラムで契約される安楽死を選択した、という流れになります。

このお話、実は一話目を書き終えた時点で彼氏に読んでもらっていて、後半の結婚の流れは彼が考えたものです。
私は一人称で進めるこだわりのようなものがあるのですが、死となると日葵視点で話が書けないと後から気付き、四話では宵視点になっています。
彼が私の作品に関わることはこのお話が初めてで、一万字以内なので書きこめなかった所や設定を聞き入れずに突き通した部分とかもあります(ごめんね!!)
本編の後の話とかもちょっと考えてはいました。

楽しく書けたし、今回は彼氏がお話創りに関わったよというお話も出来たので、これで満足です。
黒曜の更新止まっちゃってすみません!そっちも頑張ります!!

コメント

ログインするとコメントが投稿できます

まだコメントがありません