ファン
133

ほんの少しの

リアリティと

優しさと

切なさを