井戸の中【完】

作者邪神 白猫



家の裏にある古びた不気味な井戸。

それは、俺の過去を隠す秘密の場所。



裏庭にひっそりとある、その古びた井戸。


誰からも忘れ去られて腐って黒ずんだ姿は、近付くのも恐ろしい程にとても不気味だった。



ーーだけど、それ以上に不思議な魅力があった。



次第にその井戸に取り憑かれてゆく俺。





そこは、俺の過去を隠す秘密の場所ーー。