再び飛び立つ瞬間を

作者黒川亜季

臨時職の体育教師と、走り高跳びの現役選手を両立させている若宮弥生。15年間の現役生活ですり減り、疲れ切った身体を託したのは、不幸な事故でアスリートとしての道を断たれたかつてのライバルであり、現在はリハビリ専門医として多くのアスリートを故障から救っている住崎陽菜だった。数ヶ月にわたる、二人きりの特別…

若宮 弥生(わかみや やよい)

臨時職の体育教師を務めながら、女子走り高跳び(ハイジャンプ)の現役選手でもある。32歳。

長い現役生活からくる故障に悩まされていて、現在はリハビリ中。


住崎 陽菜(すみさき ひな)

弥生の高校時代の同級生。もともとは弥生と同じ走り幅跳びの選手だったが、怪我が元で進路を変更、医師の道を目指す。

現在はリハビリ専門医(フィジアトリスト)として、数多くのアスリートを故障から救っている。



15年間の現役生活ですり減り、疲れ切った身体。

周りからは引退も勧められる、32歳という年齢。

だけど、もう一度だけでもいい、私は跳びたい。

彼女がその身を託したのは、不幸な事故でアスリートとしての道を絶たれた、かつてのライバルだった。


数ヶ月の時を経て、彼女は小さな大会にエントリーする。

一度だけでいい、完璧に跳びたい。その願いを胸に――



*このお話は、「飛べない私と 飛ばない君」の続編で、twitter上で開催された #私の新しい魔法 に参加した作品になります