国内最高峰の魔法学校に、記憶喪失の少女が落ちてきた。



空が光ったその日、

闇の魔法を主軸とする一国の

運命が変わり始めた。


空


国内最高峰の魔法学校

ドゥンケルハイト・ウニヴェルズィテート


所属する魔法使いたちは皆、

闇を抱えて生きている。



「俺はもう二度と失敗したりしない」


「どんだけ強くなっても守れないものってあんだよ」


「あたしを誰だと思ってんの?」


「君は随分闇の精霊に嫌われとるみたいやねぇ」


「わ、わ、わ、わたし、よわ、弱いからっ……」


「俺は魔法省の時期トップじゃけぇ、

今のうちに媚び売っといて損ないで」





人は知らない。


37f8d0eb3901


この世界のどこかに、

不思議な世界への入り口があることを。