かつては神童と持て囃されたものの、今や見る影もなく落ちぶれてしまった作家・日下部聖。ある日彼女が出会ったのは、他人の体温を極度に怖れる青年・彼方千里だった。心の痛みを抱えながら生きてきた二人が、寄り添い合って模索していく日々の物語。


私にとって恋愛とは


分不相応なものでしか


なかったはずだった