レゾンデートル

作者るい

学校の帰り支度をしていると急に目の前に現れたのは学園で人気者の彼ーー四条尊くんだった。
拒否権のないまま彼のモノになるしか選択肢が無く……。
きっと近いうちに私は狂わされるだろう。