友達も彼氏もいない。スポーツも勉強もできない、そのうえ顔もスタイルも悪い。クラスカースト最下位のいじめられっ子な陰キャなが、ある日突然、異世界転移して、聖女として崇められる。
逆ハー?と浮かれていたけれど、陰で『贅肉聖女』と呼ばれているのを耳にしてしまい、復讐することにした。
けど……なんで?復讐…

  • コメント
  • しおり

物語全体のあらすじ


 桜井美人みとは彼氏もいない友達もいない、勉強もスポーツもできない。そのうえデブスで根暗の女子高生。クラスカースト最下位のいじめられっ子だ。

 美人の趣味は自分をいじめる奴らを懲らしめる妄想。(妄想をすることで精神を保っていた)

 家庭環境もさほどよくなく、安月給サラリーマンの父親とパートの母親はいつも喧嘩ばかり。五歳年下の弟からはコレステロール菌呼ばわり。

 『美人』という悪意しか感じないキラキラネームをつけられたこともあり、両親を憎んでいた。


 そんなある日。

 自転車で帰宅していた美人は車に轢き逃げされる。

 ――美人だったら助けて貰えたのか……としょうもないことを思っていた美人は、ちょうど倒れた先か、思い出の場所だったことに気づく。

 そして目が覚めると、神殿のような場所にいた。


 美人はラーベル国に『災厄』に対抗する存在の『聖女』として召喚されたらしい。

 周りはイケメンや美女ばかり。『ミト様』と呼ばれチヤホヤされ、逆ハー、チート、美醜逆転に違いないと浮かれていた美人だったが、そんなわけもなく、裏で『贅肉聖女』『肉団子聖女』と呼ばれているのを耳にしてしまう。

 美人は聖女の権限で彼らに復讐をしたり、懲らしめる妄想をするのだが、なぜか対象相手に幸せが訪れ、感謝されてしまう。

 これが聖女の力だというなら、復讐などしないほうがよいと思うものの、長年の恨みクセは抜けず、ついつい懲らしめる妄想をして、周りの人間を幸せにしていく。

 しかしそんな中、唯一、恨んだり、懲らしめる妄想のできない相手がいた。

 ルカという名の、聖女の護衛をする聖騎士だ。

 彼は美人が小学五年生の頃に転校してきて、一学期だけクラスメイトだった、戸野坂とのさかかおるにどこか面影が似ていたのだ。

 戸野坂はずっと暗黒時代であるミトの学校生活の中で、唯一、いじめから庇ってくれた男の子だった。

 すぐに転校したけれど、優しかった彼のことを忘れられなかった美人。

 別人だとわかっていても、ルカを懲らしめる妄想すらできない美人だったが、ルカに実は『災厄』で、美人を利用してようとしていた。