むりやり保安官の事件簿(コミック原作版)

作者名瀬口にぼし

尋常じゃなく負けず嫌いのヒロインと暗い過去持ちの眼帯ヒーローの、年の差の恋と謎解きの西部劇。

元小説の作品URL
この作品は「むりやり保安官の事件簿」をコミック原作化したものです。
https://maho.jp/works/15591074771453011288

ストーリー概要および物語の設定


 舞台は十九世紀末アメリカ、ワイオミング準州。主人公のアイオンは、度を超えた負けず嫌い。彼女は兄を何者かに殺されており、その犯人を捜し出して仇をとりたいと考えている。そのために人を殺せるようになることが、彼女の目標である。

 ある日アイオンは保安官である父の代理として、殺人事件の起きた村の村長に雇われた探偵の道案内兼助手を務めることになった。

 待ち合わせ場所で出会ったのは白髪で眼帯の青年ギィ。ギィはアイオンが銃を持つことを馬鹿にするので、アイオンはギィのことが気に入らない。

 二人はいがみ合いながら事件の真相を追い、やがてアイオンは一人で真犯人に辿り着く。

 犯人に挑発され、アイオンは犯人を射殺しようする。

 しかしそこにギィがやって来て、犯人と撃ち合う。ギィは犯人を殺すが、重傷を負う。ギィは命がけで、アイオンが殺人の罪を犯すのを阻止したのだ。

 その後、ギィは回復し村を去るが、アイオンはギィが彼女を殺人者にさせないかわりに死にかけたことが許せなかった。

 自分を守った代償を支払わせるため、アイオンはギィに着いていくことに決めた。こうして喧嘩の絶えない二人の旅が始まった。


元小説の作品URL


この作品は「むりやり保安官の事件簿」をコミック原作化したものです。

https://maho.jp/works/15591074771453011288