白金のイヴは四大元素を従える【完】

作者入鹿 なつ

貴族嫌いの少女ニーナは森林火災に巻き込まれ、伯爵家で保護されることになった。
貴族への反発心を抱えた暮らしの中、共に保護されていた同居人の青年カディーが失踪してしまう。

その日から、少女は “ イヴ ” と呼ばれ、見える世界は一変した。

伯爵家の嫡男エリヤは、ニーナと過ごす日々の中で彼女への恋…



すべてを失った日から

少女は “ イヴ ” と呼ばれた。



運命に立ち向かう少女に

伯爵家の若者は恋をした。



鍵を握るのは

失踪した青年 と 亡き母。





不器用な御曹司の前途多難な恋の行方。



そして、“ イヴ ” の意味。





第3章で見える、世界の真実。





それが本当の始まり。





白金のイヴは四大元素を従える



※小説家になろう、ノベルアップ+にも掲載しています。