僕が今日を生きる意味

作者春風芽吹希

僕はずっと自分の存在価値を見出せず、味気ない人生を送っていました。気の合う幼馴染と学校に通い、適当に授業をこなして帰ってくる。家では母と淡白な会話を交わしながら食事をし、夜が更けてくるのとともにベッドに入る。そうして毎日同じ作業を繰り返していました。でも、彼女との出会いを境に、僕の生活は一変しまし…

十万字強の長編ストーリーですので、気長にお付き合い下さい。