図書室のラブレター ~光をくれた君へ~

作者涼野みる

親友の彼氏に叶わぬ片想いをする美月は、図書室で自分宛てのラブレターを見つける。「佐藤」という名前しかわからないまま彼と文通が始まり、最初こそ怪しむ美月。しかし佐藤くんは、落ち込んだときに励ましてくれたりコンプレックスを聞いてくれたりと、だんだん居心地の良い存在へと変わっていく。そして佐藤くんを探し…

─────────────────────


─────────────────────

 藍原美月さんへ

─────────────────────


─────────────────────

 俺はずっと君のことが気になっていて、

─────────────────────

 一度でいいから話してみたかった。

─────────────────────


─────────────────────

                  佐藤

─────────────────────


─────────────────────




佐藤くん?


誰だろう。



とりあえず、返事を書こう。





クラスも顔も知らない佐藤くんと、秘密の文通が始まる──。







真実を知るのは、一体誰……?



画像タイトルを入力…




『君に出会えて良かった』