聖女の娘である主人公ミオウは生まれつき膨大な魔力を持っていた。
ある日遺跡探索を行っていたところ、謎の魔法陣に引っかかり強制転移させられてしまう。
転移先は魔法が発展していない異世界で───────!?

〜聖女の娘は大魔法使い〜

──物語全体のあらすじ──


舞台は剣と魔法の世界、

大陸中心王国グテネアから始まる。

グテネア王国には英雄の騎士と聖女の

伝説が残されていた。


この物語は伝説の騎士と聖女の冒険談

───ではなく。

そんな彼らの間に生まれた娘の物語。


───────────────


聖女である母の魔力を受け継いだ主人公ミオウは、16歳にして王国が誇るグランドキャスターの称号を得て、最年少で大魔法使いの仲間入りを果たしていた。

ある日、古代遺跡の調査に向かったミオウだったが、そこで謎の魔法陣によってどこかへ強制転移させられてしまう。

転移先の古びた神殿の中で見つけた書物には、見慣れない形の文字と共に、見覚えのない地形の地図が描かれている。

さらに、神殿を出ると外には見たこともない魔獣の群れが空を飛んでいる。

───ここは自分の知る世界ではない。



ふと、ミオウは一緒に遺跡調査に連れてきていた愛獣あいじゅう、フーティーがいないことに気付く。

神殿の周囲を捜索していると、森を抜けた先から爆発音が鳴り響く。

向かうとそこには小さな集落があり、フーティーが集落を護るように小竜ワイバーンの群れと戦っていた。

小竜ワイバーンとの戦闘で怪我を負ってしまったフーティーを、集落の人達が匿ってくれることに。


ミオウ達が転移したのは───異世界ウィルフェディア王国。

ウィルフェディア王国は豊富な自然魔力を有しているにも関わらず、魔法を使える者がほとんどおらず、魔法使いはとても希少な存在だった。


フーティーの怪我が治るまでの間、元の世界へ戻る手掛かりを探すため、集落から1番近い大きな街へ行くことになった。

街で出会った気のいい冒険者グリズに勧められ、資金調達のため街の闘技大会に参加することに。

試合は2人1組のトーナメント戦。

グリズと共に順調に勝利を重ね、優勝候補の棄権もあり、ミオウ達は優勝することができた。

ロビーで賞金と景品を手にすると、そこに、決勝戦で闘うはずだった者達が現れる。

彼らは呪いにかけられていて、その呪いを解くため景品である蛇の彫刻を譲ってほしいと持ちかけてきた。

魔力を感じ取れるミオウには、彼らに呪いがかかっていることがはっきりと分かった。

ミオウ達は彼らの提案を受け入れ、ついでに彼らの呪いの力を少しでも和らげるため魔法の施しをする。

彼らの呪いを解くには5つの彫刻を古代神殿に持って行く必要があるのだそう。

古代神殿とは、ミオウが転移したあの古びた神殿だった。

彼らの次の目的は東の森の洞窟ダンジョンだと知る。

するとグリズが「そのダンジョンの最深部の扉は魔法使いでしか開けることができない」という情報を話す。

神殿のことも気になるし、という理由もあり彼らの呪いを解くため冒険に同行することに。


彼らと共に東の洞窟ダンジョン、西の大森林、南の深海、北の雪山────と、彫刻探しの旅に出る。


彼らの呪いを解き、ミオウは元の世界に帰ることができるのか─────!?



───────────────


https://maho.jp/works/15591074771453558842

↑今後こちらで小説版を更新予定です。