とある場所に佇む、歴史ある香屋「夢見堂」
時代錯誤な長髪の和装姿の怪しい男が経営するその店は――“夢香”という特殊なお香を扱う香屋だった。

店を訪れる客から夢を集める店主・獏(ばく)
とあるきっかけで夢見堂で住み込みで働くことになった女性・結(ゆう)

夢に悩まされる様々な客人たちが店の扉を叩く…