異世界転移した主人公は、激怒した。
女性たちが誰一人まともな下着をつけていない。
このままでは女性たちの体型が崩れてしまう!
現世でランジェリデザイナーをしていた主人公は、決意する。
この世界に一刻も早くランジェリーショップを開こうと。

主人公は仲間を集め、異世界の女性たちの下着に関する悩みを解…

物語全体のあらすじ


女性の下着をこよなく愛するファッションオネエの山下匠海やましたたくみは、ランジェリーメーカーにデザイナーとして勤めている。

しかし、ある日、不慮の事故で亡くなってしまう。

転生した先は、剣や魔法が出てくる中世ヨーロッパ風の異世界。

街中には露出度の高い服を着ている女性たちが沢山いる。だが、全員まともな下着をつけていない。

このままでは、女性たちの体型が崩れてしまう!

危機感を抱いた匠海は、現代風の下着を異世界に広めるべく、ランジェリーショップを始める。


開業準備として匠海はまず、下着を作るために必要な素材と職人の確保を行うことに。


最初はレース職人として、ハーフエルフのフランを街でスカウト。

貧乳で悩むフランに、匠海は『寄せてあげるブラ』を作ってやる。


次に店の護衛として、アマゾネスのアレスをジャングルでスカウト。

巨乳で悩むアレスに、匠海は『胸を小さく見せるブラ』を作ってやる。


最後に鍛冶職人として、ドワーフのドードを鉱山でスカウト。

下半身太りに悩むドードに、匠海は『高機能ガードル』を作ってやる。


フラン・アレス・ドードは匠海に感謝し、それぞれ店を手伝うように。

さらに匠海は、街で見かけた女性たちの様々な悩みを、下着を作ることで鮮やかに解決していく。

(例①:コルセットに苦しむ婦人に、布製のボディスーツを製作)

(例②:授乳時に胸がはだけることに悩んでいた母親に、前開きができるブラジャーを製作)


匠海の店は徐々に評判になり、注文が殺到するように。

しかし、匠海の活躍を快く思わない男がいた。巨乳を愛する王太子だ。

匠海の下着によって、女性たちの露出度が下がったことを、街の男たちも怒っていた。

王太子は『匠海の下着は破廉恥なものだ』と街に噂を流し、匠海の店に業務停止命令を下す。


怒った匠海、自分の作る下着の素晴らしさをアピールするため、下着ショウを計画する。

街中でストリップをやるのかと、王太子は激怒。

匠海、ショウのモデル集めに苦戦するも、先日対応した客たちが協力してくれ、無事ショウを開催。

ショウを見た王太子、美しさに圧倒される。

さらに、裸よりも下着をつけたほうがエロティックであることに気付く。


王太子、匠海の店に出した業務停止命令を撤回し、王家御用達のランジェリーショップに指定する。

匠海たち一同、ショウが成功したことに喜ぶ。