「出来るだけ恋人らしく振舞ってくれ」

一人飲みする私に声をかけたのは初めて会った見知らぬ男。

この想いは不純だ。








「俺以外の男には抱かせない」



嘘くさい唇から紡がれる言葉を

信じてみたくなった