朝戸風に、きらきら【完】

作者柑実 ナコ

元同僚の男は、
たった1人きりの上司になった。
その原因は、私がつくった。

__ここは穏やかで優しい、"虚構の"、箱庭。
お人好しな男との決別は、きっと必ず、私から。





「別に仕事中でも可愛く

"依織"って呼んでくれて良いけど?」


「セクハラでしょうか。」


「現代社会における部下との接し方、むず。」 




伝えそびれた恋をただ、ずっとこの胸に抱えている。


画像タイトルを入力…



明るく眩しい光をたっぷり瞳に取り込んで


「今日も頑張ろう」って、毎日笑って前を向ける。



そういう強い自分なら、どんなに良かっただろう。





2021.02.24 公開


ファン登録1000名様突破

記念の意味も込めます(遅い)


いつもありがとうございます…!