持月紫苑(もちづきしおん)は二十四歳の社会人。
ある日事故に遭い、彼女の魂が辿り着いたのは彼岸にある閻魔殿。
閻魔代理だと名乗る美しい鬼、鬼柳(きりゅう)の鏡を壊してしまった紫苑は、罰として鬼柳の仕事を手伝うことになる。
その仕事とは、閻魔殿に辿り着いた魂を地獄に送るか天国に送るか判断するというも…

  • コメント
  • スタンプ
  • しおり