生田先輩から着信がありました。

作者稲葉 結

男嫌いだった玲奈。それを変えてくれた男がいた。兄妹のような2人。気持ちに気づいたって、彼には私なんて見えてない。わかってたはずなのに、なんで自覚してしまったんだろう。








「玲奈が大切に決まってるだろ」

「これから行く場所は?」

「ん?セフレのとこ」



いつまでの平行線の2人。

きっと交わることはないんだろう。