晴れ雨のち→→→好き 第三章

作者みずき ほまれ

一華とちゃんと理解したうえで別れた。

そう思っていた和央だが、

翔央と一華の姿を見るのが辛い。



悲しみにくれていたとき、和央の前に現れたのは...








別れても一華の幸せを願っていた。











自分は全然平気だと思っていた...。










日々やるべきことを、こなしていけば、

いつか、忘れることができるんだ。








と。







思っていた。