帝都の鶴は夜に羽ばたく

作者sakiura

大きな政治改革が起こってから数十年。時代の変化に乗り切れず没落した貴族の一人娘、鶴は、新年早々父から結婚を命じられた。
亡くなった母の教えと、鶴のことを”呪い”と呼ぶ父とのあいだで自分の居場所を見いだせずにいた鶴は、放り出すように送り込まれた婚約者の家で、婚約者・秋人が呪いに苦しめられていることを…

父は、娘を「呪い」と呼んだ。



没落した実家を救うため、お金持ちに嫁ぐ以外、なんの価値もなかった鶴。

嫁ぎ先予定の婚約者は、初めて会った鶴に「自分は呪われている」と告げた。


婚約者の望みで、うすら寒く、不気味な屋敷で過ごすことになった鶴は、彼が「呪い」と呼ぶ怪奇現象を目の当たりにし、愛刀・”真白”とその憑き物であるシロちゃんとともに、呪いの解決をはかることを決める。


呪われた婚約者と呪いと呼ばれた少女は、ともに「呪い」の正体を追ううちに、少しずつ心を通わせるようになって――



「何者でもないわたし」が望むものを見つけて、鶴の世界は姿を変えてゆく。