ストーリー概要および物語の設定


 舞台は人間と怪異が共存し、混血者も多く生まれるとある王国。人間が怪異を迫害することで支配していたその国で、吸血鬼の混血者である孤独な青年・ファルシエと王室から逃げ出した元王子・エリンズは、偽りの主従関係を築き、国の外れでひっそりと暮らしていた。幼い頃に受けた呪いによって苦しめられ、ファルシエと出会ったことをきっかけに王室を逃げ出したエリンズだったが、次期国王となる実弟・エイルの徹底的な怪異排除計画を知り、それを阻止するために王室に戻ることを決意する。

 一方、ファルシエには類まれな体質があることが発覚し、『怪異の王』としての役目が与えられる。ファルシエや仲間たちの協力を得て、エリンズは無事に第一王子として王室に復帰するのだった。

 怪異を嫌う人間たちの反発や仲違いがありながらも、『次期国王』と『怪異の王』として絆を深めていく二人。その末に、エリンズの母・アイラから、エリンズが幼い頃受けた呪いはファルシエの母・パルティナによるものであり、アイラもそれに関与していたことが告げられる。隠された真実を受け入れ、彼らは真の王となる──孤独と戦う青年たちが織りなす、異世界ダークファンタジー。