学校をサボったいろははローカル線に乗車する。
終点までの1時間5分。私の隣に腰を下ろす乗客たちは、なぜか皆──涙を流して降車してゆく。






ボックス席。変わりゆく景色。


ローカル電車に乗り込んだ私の前に、





君のことは何でも知っているよ




不思議なオニーサンが座ってきた。



画像タイトルを入力…



それは1時間5分の奇跡。




駅から駅へ。


隣の席に乗車してくる人たちはなぜか皆、


──…涙を流して降車してゆく。