わたしの獣【完】

作者海夜

中学までは、いつも傍にいてくれた。いつからか、家の中でさえ会わなくなっていた。




わたしの獣