父親の転勤で夏休み中に転校となった高校2年生の花蜜杏珠。新しい街に慣れようとフラリ繁華街を出歩いていたら通り過ぎようとした路地の奥からうめき声のようなものが聞こえ、興味本位で覗きに行ったら同じ顔をした2人の男が複数の男を殴っていた。衝撃的な光景な上、気配に気づいた2人と一瞬目が合った時、命の危険を感じた。あれは獲物を見る目だ、今まで出会ったことは無いけど本能で分かった、彼らはフォークだと。杏珠は震える足で逃げ出した。それから繁華街には足を運ばず大人しく夏休みが過ぎるのを待っていたが。

転校初日、担任と教室に入った時思わず目を見開き背筋がゾッとした。教室の窓側の奥、あの日見た同じ顔をした2人の男がいた。席は2人と離れたものの休み時間クラスメイトの誰よりも早く近づき「また会ったね。これからよろしく」と手を差し出してきた。ノーなんて言わさない圧。

しかし、ここで捕まってしまえば人生の終わり。同じ教室なのは仕方ないと諦め、それ以外は徹底的に避けて逃げた。お昼休みも毎休み時間も下校の時だって逃げるように学校を飛び出してはいつも違う道を使って帰っていた。


果たして3人の鬼ごっこの結末とは___



画像タイトルを入力…