幼いころに虐待を受けて心に傷を負った凜は、祖父母に引き取られて癒されていく。
祖父母とよく見た映画の中のセリフ、『人生はチョコレートの詰まった箱のようなものよ。中身を取るまで、何を手にするかわからないのよ』という言葉に励まされた。

母親の恋人だった男性から暴力をうけ、母親からはネグレクトされてい…